国際医療福祉大学薬学部の偏差値・倍率・学費・薬剤師国家試験の合格率などを徹底調査|私大薬学部・薬科大学―データリスト

その他、薬学部での人気・定着率、入試情報、在学生の評判、オープンキャンパスなどをご紹介。

国際医療福祉大学薬学部の偏差値・学校情報を調査

国際医療福祉大学薬学部の学校情報や偏差値などをご紹介します!受験生が知りたい合格難易度、大学の人気度、入学者の数、在学生・受験生の口コミなど、ここでしか得ることができない国際医療福祉大学薬学部の特徴も!気になる情報を集めて薬学部に入るための準備をしましょう!なお、常に新しい情報を求めている方は、同時に大学のHPやオープンキャンパスなどで確認することをおすすめします。
※偏差値は、最新の河合塾「入試難易予想ランキング表」より参照しております(※2020年7月更新)、倍率や入学者数などは大学HPを参考にしています。

国際医療福祉大学薬学部 学部・学科 偏差値 募集人員
薬学部 薬学科(6年制) 45.0 180名

【国際医療福祉大学薬学部】合格難易度

公式サイトの最新データによると、全体の倍率は2.1と合格難易度は普通です。
一般入試前期は倍率2.6倍でした。後期は2.0倍とのこと。後期がやや低い数値ですが、前期は2.5~3.5倍の範囲内に収まっており、理想的な倍率といえるでしょう。偏差値も中程度ということですので、比較的入りやすく、一定の実績を持っている大学であるということです。なお、他の大学と比較して大学のレベルを知りたい方は『学科別で確認!関東圏の私大薬学部の偏差値』をご覧ください。
しかも、立地が栃木県の田舎町でありながら一定の人気も保っているわけですから、数値としては良いと思います。(栃木県の那須塩原駅から急行バスで通学する立地にもかかわらず、ということはやはり設備の充実や、国家試験対策など大学としての魅力が強い、ということでしょう。見方によっては、勉強には最適な立地かもしれませんね。)

【国際医療福祉大学薬学部】薬学部での人気

倍率などから考えて、標準よりやや上という評価と言えるでしょう。
公式サイトの最新入試結果では、合格者数449名に対して入学者数が186名(41%)と、決して悪くない数値と言えるのではないでしょうか。倍率などから考えて、標準よりやや上という評価点をつけておきます。ぜひ、みなさん自身でオープンキャンパスなどに行って大学の魅力を感じてください。
なお、人気の決め手の1つとなる薬剤師国家試験の合格率も忘れてはいけませんね。国家試験は大学のブランドではなく受験する個人の実力勝負となりますので数値は非常に重要です。薬剤師国家試験合格率の最新データは『大学別!薬剤師国家試験合格率一覧表』よりご覧ください。

【国際医療福祉大学薬学部】募集定員に対する入学者数

募集定員に対する入学者数は普通ですね。最新データによる薬学部の募集定員180名に対して、入学者数は186名となります。

【国際医療福祉大学薬学部】一般入試

薬学部の『一般入試』試験科目を下記にまとめました。前期(A、B日程)と後期に分かれていますので、間違えないようにご確認ください。

<前期>

【選択】下記4科目から2科目を選択(※1科目は必ず英語を選択)

  • 英語:コミュ英Ⅰ、コミュ英Ⅱ、英語表現Ⅰから出題
  • 数学:数学Ⅰ・数学A(「場合の数と確率」,「図形の性質」の範囲から出題)、数学Ⅱ・数学B(「数列」,「ベクトル」の範囲から出題)
  • 理科:生物基礎・生物(「生命現象と物質」,「生殖と発生」,「生物の環境応答」の範囲から出題)

【必須】

  • 理科:化学基礎・化学(「高分子化合物の性質と利用」を除く範囲から出題)
  • ※配点:英語100点、数学100点、理科100点 計300点

<後期>
  • 学力検査:英語(コミュ英Ⅰ、コミュ英Ⅱ、英語表現Ⅰから出題)・理科(化学基礎・化学[化学は、高分子化合物の性質と利用を除く範囲から出題])
  • 個人面接:約10分
  • ※配点:英語100点、理科100点 計200点(面接は段階評価)

試験の日程、およびその他の入試情報については『入試情報・入試科目はこちら』をご覧ください。

【国際医療福祉大学薬学部】大学の特徴

リーズナブルな学費とサポート制度が充実

国際医療福祉大学は、首都圏の薬科大学・薬学部では最安の学費です。薬剤師を目指す方が学びのチャンスを得ることができるように、負担を軽減した学生納付気を設定しています。さらには特待制度も充実していて、成績優秀者は学費減免の恩恵にあずかることができ、経済的に余裕のない家庭からでも進学しやすいと思われます。

薬学部(6年制)
学 年 入学金 授業料 実験実習費 施設設備費 合 計
初年度 300,000円 1,100,000円 50,000円 300,000円 1,750,000円
2~6年次 - 1,100,000円 230,000円 300,000円 1,630,000円
6年間合計 9,900,000円

※他大学の学費と比較したい方は『6年制の総額で比較する関東私大薬学部・薬科大学の学費ランキングはこちら』をご覧ください。あなたが目指している大学の学費の相場が分かるかもしれません。ぜひ参考にしてください。

特待奨学生制度について

この制度は"特待奨学生特別選抜入試"を実施することで、薬剤師を目指すあなたを経済面で前面的にバックアップすることを目的とした制度。この入試では成績上位合格者を対象に、特待奨学生SおよびAを選抜し、特待奨学生Sには授業料100%相当額、特待奨学生Aには50%相当額の奨学金を、6年間給付します。この入試のポイントは下記になります。

  • 特待奨学生Sには授業料の100%相当額の奨学金を6年間給付
  • 特待奨学生Aには授業料の50%相当額の奨学金を6年間給付
  • 12月に合格が決まる早期入試
  • 他大学との併願受験も可能
  • AO入試や高校推薦入試入学手続者のチャレンジ受験も可能(※入学検定料は10,000円)
  • 特待奨学生S・特待奨学生Aとは別に一般合格者として合格のチャンス有
    (※当入試の一般合格者は特待奨学生制度2にチャレンジ可能)
  • 奨学金は返還不要

※給付金額や対象人数など、詳細については『各学部各学科の奨学金給付後の学生納付金はこちら』をご覧ください。

構内にリハビリ施設・老人ホームが併設

国際医療福祉大学には、5つの附属病院(関東圏)をはじめ臨床医学研究センターという位置づけの多くの関連施設があります。国際医療福祉大学病院、国際医療福祉リハビリテーション、おおたわら総合住宅ケアセンター、おおたわら風花苑(老人ホーム)など、この充実した関連グループ施設で実習を行えるのが大きな魅力であり、臨床の現場が近くにある環境です。実習の際などにも協力を得やすいので、実力ある薬剤師が育つ条件が整っているといえます。施設についてもっと詳しく知りたい方は『グループ施設が大学の教育・研究・実習を強力にバックアップ!』をご覧ください。

OPEN CAMPUS&大学祭

開催予定は変更になる場合がありますので、最新情報を公式サイトから御確認ください

\ 医療福祉の世界を体験しよう! /
オープンキャンパスでは、専門職を体験できるプログラムや奨学金・入試・学生生活の相談など、企画が多数あります。

完全予約制・入場無料!

>>OPEN CAMPUS&大学祭の情報はこちら

OPEN CAMPUS 2020

日程 : 2020年7月26日(日)完全予約制入場無料! ※終了致しました

医療福祉分野を志す人も、これから進路を決定する人も、まずはオープンキャンパスに参加しよう!
学科体験入学、学科別ガイダンス、入試ガイダンスなど、進路決定に役立つプログラムが盛りだくさんです。 まだ見ぬ新しいジブンとの出会いがあなたを待っています!! 自分だけの夢を探しにきてください!


■実施時間
午前の部:10:00~12:30(受付・開場 9:30)
午後の部:13:30~16:00(受付・開場 13:00)

<プログラム>
  • 総合ガイダンス
  • 入試ガイダンス
  • 保護者のための進学ガイダンス
  • 学科別ガイダンス
  • 学科体験入学
  • 入試・キャンパスライフ個別相談コーナー
  • コンピュータルーム・図書館 自由見学
  • 不動産情報コーナー など

■ 定員

午前の部:450名/午後の部:450名
※お申し込みの高校生1名に対し保護者1名まで。
※保護者のみのお申し込みはご遠慮ください。

>>OPEN CAMPUS 2020の情報はこちら

オープンキャンパス2020

日程 : 2020年6月7日(日)10:00~16:00 ※終了致しました
開催場所:大田原キャンパス(事前予約不要! 入退場自由!)

★自分だけの夢 探しに行こう★
学科体験入学や学科別ガイダンス、学生との個別相談コーナー「Café de IUHW」、先輩たちの生の声が聴ける「ガクセイトーーク!」など、進路決定に役立つプログラムが盛りだくさんです。


定員 各ルートとも45名 (お申し込み先着順)
お申込期間 4月1日(水)~ 6月2日(火)
お申込方法 上記期間中にお電話、もしくはHPからお申込いただけます。

<プログラム>

  • 総合ガイダンス「15分でわかる国際医療福祉大学」
  • 入試ガイダンス~基礎編~
  • 入試ガイダンス~実践編~「総合型/学校推薦型選抜対策講座」
  • 学科体験入学
  • 学科別ガイダンス
  • Café de IUHW
  • ガクセイトーーク!
  • 入試&キャンパスライフ個別相談コーナー
  • 図書館、コンピュータルーム 自由見学
  • 休憩所・資料配布コーナー
  • ベーカリー出張販売

◆シールラリー開催◆

シールを3枚集めてオリジナルグッズをGET!
学科体験入学・学科別ガイダンスに参加した方に、1企画につき、シールを1枚差し上げます!


◆無料バスツアーでオープンキャンパスに行こう!◆

各都市と大学を直通で結ぶ無料バス(要予約)を運行します。
無料で乗車できます!発着場所を選べます!友達や家族も乗車OK!片道だけでもOK!

※詳細は公式ホームページよりご確認ください

>> 2020年のオープンキャンパス情報はこちら

学園祭 2019

日程 : 2019年10月12日(土) 9:30~19:30
10月13日(日) 10:00~20:00
開催場所は大田原キャンパス
※台風19号の接近に伴い中止
※台風19号の接近により中止となりました。

国際医療福祉大学(保健医療学部、医療福祉学部、薬学部)では第24回『風花祭』を開催します!オープンキャンパスとは違った国際医療福祉大学の良さが実感できると思いますので、大田原キャンパスにぜひ来てください!

両日開催企画
◇[10:00~16:00]模擬店
(部活・サークル・外部福祉団体 など)
◇[10:00~16:00]学内展示
◇[10:00~19:30]メインステージ
(学生バンド&ダンス)

【受験生・高校生向け企画】
◇[11:00~15:00]入試&キャンパスライフ個別相談コーナー
(会場:E棟1階ロビー)


10月12日:特別企画
◇のど自慢コンテスト

10月13日:特別企画
◇ミス・ミスターコンテスト
◇男装・女装コンテスト
◇[12:00~]お笑いLive
出演者:メイプル超合金、三拍子
◇[19:30~19:40]花火

【受験生・高校生向け企画】
◇入試ガイダンス~実践編~
特待/一般入試対策講座「英語」問題解説
(会場:E棟1階E101)


★宇都宮ブレックス×国際医療福祉大学 プレゼントキャンペーン開催!!★
第24回『風花祭』来場者を対象に、国際医療福祉大学がスポンサーをしているBリーグのバスケットボールチーム 宇都宮ブレックスとのコラボレーション企画として、ホームゲームチケットのプレゼントキャンペーンを開催します!

【同時開催】教育後援会会員のつどい
[13:00~14:00]記念講演「皇室の医療」
講師:井上 茂男 先生
※皇室ジャーナリスト。日本テレビ客員解説委員。元読売新聞編集委員。宮内庁担当として長く皇室取材を担当。

>>『風花祭』の詳細情報はこちら

オープンキャンパス2019

日程 : 2019年8月17日(土)
10:00~16:00(※予約不要・入退場自由)
終了いたしました

夏休みは国際医療福祉大学薬学部のオープンキャンパスに参加しよう!
AO/推薦入試対策講座、「英語」問題解説、学科体験入学、大人気の学生カフェ「Café de IUHW」、先輩たちの本音が聞ける「ガクセイトーーク!」など、進路決定に役立つプログラムが盛りだくさん。大田原キャンパスに新しい自分を探しに来てください!
なお、無料バスツアーを実施しますので、詳細は公式HPからご確認ください。

全体のプログラム

  • オープニングプログラム
  • 入試ガイダンス~基礎編~
  • 学科体験入学
  • 学科別ガイダンス
  • 入試&キャンパスライフ個別相談コーナー
  • 図書館、コンピュータルーム 自由見学
  • 休憩所・資料配布コーナー

8月17日(土)だけのプログラム

  • 入試ガイダンス~基礎編2~併願制入試&特待奨学生制度ガイダンス
  • 入試ガイダンス~実践編~「特待/一般入試対策講座「英語」問題解説」
  • ガクセイトーーク!
  • 学食無料ランチ体験
  • 保護者のための進学ガイダンス

>>国際医療福祉大学薬学部のオープンキャンパス情報はこちら

【国際医療福祉大学薬学部】在学生・卒業生からの評判は良い?悪い?

在学生から卒業生までの口コミをご紹介しています。好意的な内容から厳しめの意見まで載せていますので、進路に迷っている受験生や国際医療福祉大学薬学部に興味がある方までご参考にしてみてください(※個人的な感想ですので、あくまで参考程度にとどめてください)。そして、実際にオープンキャンパスに行くなどの情報収集を行い、受験するかどうかの判断をしていただければと思います。

国際医療福祉大学薬学部の評判
口コミアイコン

1年は選択科目が多くて興味があることを学べますが、後半から専門分野も入ってきますので勉強は難しくなります。2年になると選択科目より必須科目が多くなるため、履修の組み方を考えた方がいいです。1年次のように1日休むのは難しいですよ。専門分野に入るとほぼみんな同じ授業を受けるから頑張れる環境ではありますが、その分必死にやってるからライバル心を強く感じます。

授業内容は、多くの先生は国家試験を前提とした授業をしていますし、内容は難しいですが、学年が上がるにつれて知識は身につきます。偏差値だけでみると入るのは簡単かもしれませんが、在学中の勉強はどの大学も厳しいし、共用試験も国家試験も合格できるかは自分次第です。ちなみに年間6単位以上落とせば留年するそうです。

国際医療福祉大学の魅力の1つが学費だと思います。私立大学の薬学部は高額ですが、この大学は薬剤師を目指す人に学びのチャンスを与えることを目的としていますから、他大学と比較して安い方です。さらに特待生制度。優秀な学生は特待生制度を利用すれば学費は6年間全額免除になる可能性もありますから、経済面で悩んでいる人はこの制度をぜひ利用してほしいですね。これから薬剤師を目指す人、他大学と迷っている人は、ぜひオープンキャンパスに来てください。百聞は一見に如かずです。

(薬学部 薬学科)
口コミライン
口コミアイコン

ここに決めたのは国際交流を通して人材育成を積極的に行っていたから。僕は将来、海外で薬剤師として仕事をする目標があって、外国の薬事事情が知りたい。

国際医療福祉大学は、海外保健福祉事情や海外医療体験など、短期の海外研修を実施していて、研修先は台湾、タイ、中国、アメリカなど、約20ヵ国近くの大学と協定してますから、外で学びたい人にはおすすめ。希望者の参加で、その国の病院を見学したり、現地の先生に医療技術を教えてもらったり、医療現場を間近で学ぶことができるのは貴重。僕はまだだけど、友達がこの制度を利用して中国に行きました。

漢方が好きな彼は、生薬(漢方のもと)や作る工程を見せてもらったり、手伝わせてもらったりと、「日本では経験できないことばかりで、最高な時間を過ごせた」と満足していました。引率の先生もいるし、協定校の先生との連携もとれているから安心。他の大学でこういう経験はなかなかできない。

医療系の大学だけど、選択科目で経済もあるから幅広い分野を学べますよ。進級すると必須科目が多くなるから、1年の内に興味がある授業は受けておいた方がいい。必須科目は国家試験合格を見据えた授業内容になっているから、復習は欠かさないように。ここは勉強が集中できる環境だけど、都会育ちの人間としては遊べないのが不満かな。それでも6年間頑張れば希望の仕事に近づけるし、今は苦労しても良いかな。

(薬学部 薬学科)
口コミライン
口コミアイコン

国際医療福祉大学を選んだのは、臨床実習教育を重視している点でした。付属病院などの施設があることで、最新技術に触れることができ、専門分野の第一人者から直接指導をしてもらえます。さらに施設では卒業生も働いていますから、就活にも良い影響がすると思いました。

そして学費が安いことも選択した理由の1つ。安いといっても一般の大学と比較すると高く、私立大の薬学部となれば高額なのは間違いないですが、学べるチャンスをもらったと思い、6年間は勉強に集中します。

不満があるとすれば、大学の周りに買物・飲食などのお店がないことです。大学周辺は学生のアパートがたくさんあるのに、生活に必要なスーパーや大型施設がなくてとても不便です。駅周辺ならあるのですが、遠い。住んでいる場所にもよりますが、車やバイク、バスで20~30分程度かかります。バスは最寄り駅と大学間のスクールバスが走ってますが、1時間に1本程度と本数が少ない。

授業は、今は選択科目が多く、必須科目は少しなので、これから忙しくなりそうです。先輩に聞くと、薬ゼミの外部講師による授業や、他の大学病院の院長・医師の貴重な講義が聞けることもあるそうですよ。

(薬学部 薬学科)
口コミライン
口コミアイコン

高校の時に「薬剤師になりたい」ことは明確でしたが、どの大学に入るかは特に決めていませんでした。たまたま大学のHPで「特待生制度」のことを知って魅力を感じたんです。

国際医療福祉大学では12月頃に特待奨学生を募集する試験を行います。この試験では、上位成績者から特待生S、特待生Aとして選ばれます(特待生に選ばれなかった人も、一般合格として一定の人数が選ばれますよ)。特待生Sだと授業料が全額免除!特待生Aでも授業料が半額!もちろん、自分も試験を受けて選ばれました。薬学部なのでお金がかかることは覚悟していましたし、両親からは感謝されました。ただ条件として、入学後の成績が全体の50%以上に位置しなければならないので気が抜けませんが、成績を維持すれば6年間の授業料免除も可能なので、絶対6年で卒業しまよ。

授業は、先生によって理解度が変わります。そこは他大学と同じ。今は選択科目が中心なので、そこまで難しい内容ではないです。分からないことは質問すればちゃんと対応してくれるし、ほとんどの先生は親切で優しいです。

この大学は授業で他学部との交流もあるため、チームで医療を体感できますし、付属病院と連携して実習施設が充実していますので、これからが楽しみです。(薬学部 薬学科)

口コミライン
口コミアイコン

この大学の卒業生です。今は付属病院で薬剤師として働いています。社会人になって浅いですが、入院患者さんの調剤、服薬指導などを行っています。毎日の仕事の中で国際医療福祉大学で学んだ経験が活かされていると感じますね。臨床に強い病院薬剤師の育成、附属病院と連携して関連実習施設がある点など、どれも今の現場で必要不可欠なことばかりです。

大学の授業は、1年の前期は自分が興味のある科目(選択科目)を選べましたが、後期は必須科目が増えると思いますから、履修の組み方は気をつけてください。2年以降は薬学の専門分野に入り、知識は深まっていくため、自分がやりたい方向性を早めに決めておいた方が、後々慌てなくてすみますよ。

この大学は偏差値は高くはありませんが、勉強を疎かにしていると6年生まで上がれず留年している人は、私の周りに結構いました。その割に、共用試験や国家試験の合格率が高いのもこの大学の特徴かもしれませんが、それだけ大学側の厚いサポートと学生のやる気が合っているからだと思います。

大学で共に過ごした友達も大切です。授業で知り合った人、サークルで知り合った人、研究室で知り合った人など、6年間の中身の濃い経験を共にした、かけがえのない友達。受験生のみなさん、ぜひオープンキャンパスに来て、国際医療福祉大学の良さを肌で感じてください。(病院勤務)

口コミライン

管理人は現役の薬剤師

当サイトの管理人

薬学部を卒業後、薬剤師として5年間働くが職場に馴染めず、体調を崩して退職。約1年間の自宅療養の後、薬剤師として復帰。自分と同じように薬剤師復帰を目指す人や、薬剤師になりたい学生・受験生を応援するべく情報を提供してます!

>>詳しいプロフィールはこちら

 
HOME » 薬学部・薬科大 各大学のデータファイル » 9.国際医療福祉大学薬学部