高崎健康福祉大学薬学部の偏差値・倍率・学費・薬剤師国家試験の合格率などを徹底調査|私大薬学部・薬科大学―データリスト

その他、薬学部での人気・定着率、入試情報、在学生の評判、オープンキャンパスなどをご紹介。

高崎健康福祉大学薬学部の偏差値・学校情報を調査

高崎健康福祉大学薬学部の学校情報や偏差値などをご紹介します!受験生が知りたい合格難易度、大学の人気度、入学者の数、在学生・受験生の口コミなど、ここでしか得ることができない高崎健康福祉大学薬学部の特徴も!気になる情報を集めて薬学部に入るための準備をしましょう!なお、常に新しい情報を求めている方は、同時に大学のHPやオープンキャンパスなどで確認することをおすすめします。
※偏差値は、最新の河合塾「入試難易予想ランキング表」より参照しております(※2020年7月更新)、倍率や入学者数などは大学HPを参考にしています。

高崎健康福祉大学薬学部 学部・学科 偏差値 募集人員
薬学部 薬学科 40.0 90名

【高崎健康福祉大学薬学部】合格難易度

公式の最新データでは、全体の倍率は2.1と合格難易度はやや易しいと言えます。
ここ数年でも2~3倍台前後で推移し、それほど高くないのでしっかりと勉強すれば結果が付いてくる、と言えるのではないでしょうか。倍率の変遷などについては、群馬県というキャンパスの立地が影響しているであろうことも窺えます。確かに2倍~4倍での推移がベストかと思いますが、立地などの諸条件によっては柔軟に判断することも重要でしょう。実際、過去に誤差の範囲を超えた定員割れといった大きな問題は起きていないようです。
また、偏差値は40台前半とレベルとしては中程度となり比較的狙いやすい位置にあると思います(※当サイト調べ)。ですが、偏差値は毎年変化しますので他の大学の数値も追っていくべきです。詳しく知りたい方は『学科別で確認!関東圏の私大薬学部の偏差値』をご覧ください。

【高崎健康福祉大学薬学部】薬学部での人気

合格者が辞退することなく入学する確率を意味する定着率から判断すると、高崎健康福祉大学薬学部の人気は高い部類といえます。
直近のデータでは、推薦入試での合格者数は33名、一般入試での合格者数は144名と、全体では177名の合格者を出しています。定員90名に対して入学者95名は良い数値ですし、平均以上の定着率であると言えます。年度によっては定着率が50%を超えているのは、一定程度推薦入試の枠が占める割合が多いことも理由としてありますね。推薦の場合には「合格して辞退する」という選択が一般的に許されませんので。推薦を使うのか、一般入試を使うのかは、皆さんの環境などにもよって変わってくると思いますので、慎重に検討しましょう。
また、大学選びで人気の決め手の1つとなる薬剤師国家試験の合格率も忘れてはいけませんね。国家試験は受験する個人の実力勝負となりますので、毎年変わる合格率は気になるところ。薬剤師国家試験合格率の最新データは『大学別!薬剤師国家試験合格率一覧表』よりご覧ください。

【高崎健康福祉大学薬学部】募集定員に対する入学者数

募集定員に対する入学者数は普通です。
最新のデータでは、募集人員90名に対して入学者95名(充足率105.5%以上)という結果です。これならば5年生になった際にも、臨床実習先は確実に確保できるはずですし、1人1人に目の届く授業を行うことも容易でしょう。ちなみに、2019年~2014年の間で定員割れはなく、充足率は100~120%超えを記録しています。ただ、これもやはり推薦枠が多いことによって計算が立てやすいという理由があると思います。とはいえ、適正な人数管理を行うために推薦枠を大きく取るのは、ある意味で好判断といえるでしょう。高崎健康福祉大学薬学部のように、受験時の偏差値よりも入学後の教育を重視する大学であれば、入学後の学習をしっかりサポートできるように推薦枠を駆使して人数調整を行うのは非常に有効です。 面倒見の良さを最大限に発揮できるシステムを取っていることは英断といえるかもしれません。
その他、入試などに関連する情報を詳しく知りたい方は『高崎健康福祉大学薬学部の入試情報はこちらから』をご覧ください。

【高崎健康福祉大学薬学部】学費

初年度の学生納付金などを下記にまとめました。
初年度の学生納付金などを下記表にまとめました。他大学と比較するとやや高めで、初年度は入学金込みで約220万弱(2年目以降は約200万円近く)と高額ですが、6年間かけて大学に通い、国家試験を取得するために医療業界で働くことを考えると、それだけの価値はあると思います。

1年次 学費等納付金(授業料)
入学手続金 後  期 合  計
入 学 金 280,000円 - 280,000円
授 業 料 600,000円 600,000円 1,200,000円
実験実習費 150,000円 150,000円 300,000円
施設設備費 200,000円 200,000円 400,000円
後援会入会金 5,000円 - 5,000円
後援会会費 10,000円 10,000円 20,000円
保 険 料 6,840円 - 6,840円
初年度納付額合計 2,211,840円

※他大学の学費と比較したい方は『6年制の総額で比較する関東私大薬学部・薬科大学の学費ランキングはこちら』をご覧ください。あなたが目指している大学の学費の相場が分かるかもしれません。ぜひ参考にしてください。

【高崎健康福祉大学薬学部】一般入試

薬学部の『一般入試』試験科目を少しご紹介しておきましょう。A日程とB日程がありますので、間違えないようにご確認ください。

<A日程>

  • ・「化学」、「生物」から1科目(必須)
  • ・「数学Ⅰ・数学A・数学Ⅱ」(必須)
  • ・英語(必須)

※時間は1分野60分、配点は各分野100点

<B日程>

  • ・「化学」、「生物」から1科目(必須)
  • ・「数学Ⅰ・数学A」、「英語」の2分野から1分野選択

※時間は2分野120分、配点は各分野100点

試験の日程、およびその他の入試情報については『入試情報・入試科目はこちら』をご覧ください。

【高崎健康福祉大学薬学部】大学の特徴

少人数制の授業スタイル

担当教員1名につき5名程度を目安とした少人数クラスを採用しています。一般的な大学の少人数教育は十数名程度であるのが普通ですが、高崎健康福祉大学薬学部の場合には徹底しています。アドバイザー制を通じて教員と学生がしっかり向き合える環境を実現し、個々人の状況をしっかりと確認した上で指導する体制を整えていることが、教育レベルが高いとの評判を呼んでいるのでしょう。詳細については『学生一人ひとりの個性に合わせた教育を目指す』をご覧ください。

特待生制度

高崎健康福祉大学では、在学中の勉強、就活・就職、プライベートまで、6年間を安心して過ごせるように学生生活全般をバックアップしています。学ぶ意欲があっても各々の事情で進学を諦めることがないように、授業料が免除される「特待生制度」、学費の一部が給付される「大学奨学金」など、高崎健康福祉大学独自の奨学金制度をはじめ、学生の経済面をサポートする各種奨学金制度が利用できます。詳細については『学生生活に関する奨学金制度についてはこちら』をご覧ください。

実践教育+継続教育の立体教育

在学中に実践的な教育を施すのはもちろんのこと、卒業後も継続的にフォローを続ける体制が整っています。高崎健康福祉大学薬学部ではこの2つを組み合わせた体制を立体教育と呼んでいます。国家資格の取得を目指す学生に、卒業後のフォローアップを行う体制は在学生の間でも評判です。

夏のオープンキャンパス

日程: 以下よりご確認ください ※終了致しました
開催時間: 10:00~14:00

~ 服装自由・保護者の方大歓迎 ~
模擬授業や、見学ツアーなどイベントが盛りだくさん
学食にて無料の特製ランチも提供します!

●7/23(木・祝日)
●7/24(金・祝日) スペシャルイベント『小論文対策講座』『保護者対象入試説明会』
●8/22(土)
●8/23(日) スペシャルイベント『英語攻略講座』


健康・医療・福祉・教育・農学の分野の 世界へ羽ばたく大きな夢を抱いている高校生のみなさんに、 もっともっと本学を知ってもらうため、 オープンキャンパスを開催いたします。 夢をつかむ、はじめの一歩は高崎健康福祉大学からSTART!

この夏は、健大の魅力を探しに行こう

学科紹介、模擬授業、特製ランチ、在学生・卒業生など、本学を体験できる企画が盛りだくさん! 入試や学生生活(奨学金等)の疑問についてなど、個別相談で何でもお応えします。

『PROGRAM』学部学科説明会・模擬授業・学食体験・個別相談

※詳細・申込方法については公式HPよりご確認ください

>>高崎健康福祉大学薬学部のオープンキャンパス情報はこちら

オープンキャンパス2020

日程 :2020年3月14日(土) 10:00~14:00(※申込制)
※中止となりました

模擬授業や、見学ツアーなどイベントが盛りだくさん。
学食にて無料の特製ランチも提供します!

健康・医療・福祉・教育・農学の分野の 世界へ羽ばたく大きな夢を抱いている高校生のみなさんに、 もっともっと本学を知ってもらうため、 オープンキャンパスを開催いたします。 夢をつかむ、はじめの一歩は高崎健康福祉大学からSTART!

この春は、健大の魅力を探しに行こう

学科紹介、模擬授業、特製ランチ、在学生・卒業生など、本学を体験できる企画が盛りだくさん! 入試や学生生活(奨学金等)の疑問についてなど、個別相談で何でもお応えします。

~服装自由 保護者の方大歓迎~

学科別模擬授業テーマ・内容
●光る化合物と医薬の話
●化学反応で作った光る化合物が医薬の分野で役立っていることについて紹介します。

まずはお気軽にお越しください!
職員や学生スタッフが皆さんをお出迎えします。

※詳細・申込方法については公式HPよりご確認ください

>>高崎健康福祉大学薬学部のオープンキャンパス情報はこちら

オープンキャンパス2019

日程 : 2019年8月17日(土)、8月18日(日)
10:00~14:00(※申込制)
終了いたしました

共通プログラム

  • 学部学科説明会
    2020年度の入試情報や資格取得、就職情報などについて学科別に説明会を行います。
  • 模擬授業
    学科別にさまざまなプログラムを用意。大学でどんなことを学ぶのか、気軽に体験して各学科の理解を深めよう。
  • 学食体験
    無料でランチ!昼食は学食で、大学の雰囲気も味わおう!
  • 個別相談
    入試(AO入試や推薦入試、一般入試など)や学生生活の疑問など何でもお答えします。

おすすめの特別イベント

  • 【8月18日(日)】
  • 『夏の特別講座』
    ~合格者の傾向と絶対合格の秘訣~
    13:00~14:30

>>高崎健康福祉大学薬学部のオープンキャンパス情報はこちら

【高崎健康福祉大学薬学部】在学生・卒業生からの評判は良い?悪い?

在学生から卒業生までの口コミをご紹介しています。好意的な内容から厳しめの意見まで載せていますので、進路に迷っている受験生や高崎健康福祉大学薬学部に興味がある方までご参考にしてみてください(※個人的な感想ですので、あくまで参考程度にとどめてください)。そして、実際にオープンキャンパスに行くなどの情報収集を行い、受験するかどうかの判断をしていただければと思います。

高崎健康福祉大学薬学部の評判
口コミアイコン 薬剤師になりたいことは分かったけど、どの大学に入ろうか迷ってて、オープンキャンパスで高崎健康福祉大学に決めました。その時の「体験学習」で先生の解説が分かりやすく、話上手だったのが印象に残った。先生の話が自然と入った感じで、「こんな先生に教わりたい」と思いました(笑)。6年間学ぶから関わる人は大事ですよ。あと教育内容に魅力を感じました。少人数制ってところが他の大学ではあまりない。1学年90人で4~5人の学生を1人の先生が担当するから、お互い向き合えるのは嬉しいし、相談や不満が言いやすい。何より先生がちゃんと見てくれていることが重要だと思う。
1年の授業は、選択科目の範囲が広く、基礎教養としても幅広い知識を得ることができます。他学部との合同講義もあるから友達もできやすい環境。不満があるとすれば立地です。のどかな田園の中に大学があるからアクセスは不便。最寄りの高崎駅からスクールバスが出ているけど、本数少なくて20分程かかります。周りはコンビニがあるけど歩くには遠いし、飲食店やコンビニは駅方面に行かないとないですね。それでも薬学部の施設は広くて綺麗だし、ここで6年間勉強・実習して、将来薬剤師として働くことを考えたら、過ごしやすい環境だと思う。(薬学部 薬学科)
口コミライン
口コミアイコン この大学はアドバイザーという制度があって、生徒5人に教授が1人つくことで密度濃く学べそうだと感じたのが決めた一番の理由。他大学では自主性を尊重している所もあるけど、専門分野を学ぶ上ではその道に精通した先生が必要だと思う。まずは基礎固めをしてから自主的に動きたい、と僕は思ってます。ここの薬学部は偏差値と国家試験の合格率が比例することがないのも魅力。それほど学生の勉強に対するバックアップ体制がしっかりして、学生側も勉強の意欲を維持しながら目標に進めるからいい。
授業は先生によってレジュメを用意してくれるから、全体の内容や流れが分かりやすい。高崎健康福祉大学は丁寧に教えてくれる先生が多いから勉強もやる気が出ると思います。そこが大事。薬学部の施設は新しいのでとても綺麗です。学生実習室はもちろん、動物実験・飼育室、薬学研究実験室も。まだ使用していない実験室もあるけど、実習や研究は好きだから今から楽しみ。将来は医薬品会社で開発関係の仕事をするために勉強を頑張ってます。受験生の皆さんには大学選びを慎重にしてほしいし、自分が納得した所で勉強してほしいですね。6年間を充実させるために頑張ってください。(薬学部 薬学科)
口コミライン
口コミアイコン 高崎健康福祉大学に決めたのは地元ということが大きかったけど、高校の先輩がこの大学に通っていたのでメリット・デメリットはよく耳にしていたんです。実際にオープンキャンバスで先輩たちと触れ合った時に、自学のことを自慢も含めて楽しそうに話す姿を見て「いいなぁ」と(笑)。私も入学したら先輩たちのように充実した大学生活が送れるイメージを持てたので受験しました。やっぱり学ぶ環境が1番だと思いました。大学の教育方針として、1学年が90名の少人数制だから分からない事はその都度聞けるし、私もそういう学習環境の中で学びたいと思っていました。
実習や研究も役立つ先進機器が充実していますし、それらを使って研究ができることに、入学する前よりも大きな魅力を感じました。さらに5年の実務実習の前には、実習を受けるための試験があって、薬剤師になるためにしっかりとした準備ができることに興味を持ちました。早く学びたくて学年を飛び越したいくらい。サークルや部活はありますが少ないですね。他学部や他大学の人との交流を楽しんでいる人もいますけど、1年までかな。2年からは授業が専門分野に入るし、レポートや課題に追われます。否定はしないけど、まずは6年間で卒業することを考えた方がいいですよ。(薬学部 薬学科)
口コミライン
口コミアイコン スペシャリストを育てるための大学の教育方針にひかれました。特に少人数制です。大学で担任の先生がつくのは珍しいし、高崎健康福祉大学だけじゃないと思うけど、学生の人数が少ないから先生との距離がより近く感じられるのも魅力。「高校の延長じゃないの?」と言われそうだけど、実際は違います。先生が「教える」のではなく「考えさせる」ということ。もちろん本当に分からないことは教えてくれるけど、大学側は学生が自ら考えて行動する「自主性」を尊重しくれます。これってどこの業界でも簡単にできることじゃないと思いますよ。
授業は、先生が分かりやすいようにパワポで見せてくれたり、質問をしやすい雰囲気を作ってくれたり、親切で丁寧に教えてくれます。勉強量は多いけど、専門分野を教わるなら当然。
就職に関してはまだ分かりませんが、先輩の話だと、キャリアサポートセンターで企業との面談をサポートするアドバイザーが就活を支援してくれるし、カウンセラーもいるから心配ないそう。私はその前に卒業と国家資格に合格しなければ!なるべく部活やサークル、アルバイトをしない方がいいです。ちゃんと卒業してから稼げばいいし、6年間を無駄にしたくないなら勉強・実習・研究を中心に学生生活を送った方が、将来安定した仕事に就くことができます。(薬学部 薬学科)
口コミライン
口コミアイコン ここの卒業生で、今は病院で薬剤師(服薬指導)として働いています。入院患者さんに対して正しい組み合わせで薬を渡し、飲むタイミングなども指導するお仕事なので、患者さんと共に日々の体調を管理し、相談しながらやってます。この大学で6年間学んだことが活かされていると感じました。
高崎健康福祉大学の魅力は少人数制や英語教育で個々の専門家を育てているところ。単に育てるというよりは、学生自身が自主的に動いて行動するまで見守る、といった方が正解かも。授業は、1年は一般教養科目だから少し高校の延長という感じで、2年から薬学に関連する専門科目へ。だんだん難しくなるからしっかり勉強してください。
研究は5年生になってから。4年までの成績によって入りたい研究室を選べるかが決まります。私の時は、研究室は1学年4人につき1人の教授がついてくれて、問題や悩みがあれば聞きやすい環境でした。教授によってはフランクな人もいて、食事会やバーベキューをする機会も多かったし、みんな仲が良かった。卒業してみんなとは離れ離れになったけど、落ち込んだり寂しい時は連絡は取って励まし合っていますよ。薬学科は6年間過ごすから勉強する環境と人間関係は大切。受験生の皆さん、大学を選ぶ時はちゃんとオープンキャンパスで情報収集してくださいね。(病院勤務)
口コミライン

管理人は現役の薬剤師

当サイトの管理人

薬学部を卒業後、薬剤師として5年間働くが職場に馴染めず、体調を崩して退職。約1年間の自宅療養の後、薬剤師として復帰。自分と同じように薬剤師復帰を目指す人や、薬剤師になりたい学生・受験生を応援するべく情報を提供してます!

>>詳しいプロフィールはこちら

 
HOME » 薬学部・薬科大 各大学のデータファイル » 5.高崎健康福祉大学薬学部